これから

●北村早樹子公式サイト→ http://kitamurasakiko.net/
★IKAZUGOKEサイト→ http://ikazugoke.jimdo.com/

IKAZUGOKE 1stアルバム『IKAZUGOKE』2017年11月1日発売決定!!

発売元:わらびすこ舎 品番:WRBC−004 流通:ブリッジ
問い合わせ:warabisco15@yahoo.co.jp(担当 北村)

【各方面からいただいたありがたきコメント!!】

足立区で発生したヒップホップのような音楽「アダチスタイル」は IKAZUGOKE によって継承され、二人の掛け合いラップは進化し、 漫才と言えるまでに演芸化している。
ゆるいリズムが心地よくて、 老人〈私〉の散歩に最適である 。
末井昭(編集者・エッセイスト)
勝手言ってすみません …救われました――。
わたくしごとですが、昨夜、失恋しました。メールで知らされて、でも予兆があったんですよね。
それからずっと、繰り返しCD聴いてます。何十回目のプカプカファックが狛江の空に響きます。このアルバムは、今朝のわたくしの救いです。
三十路のライムが、どの曲もどの曲も、本当に今の気持ちにくる。全部わたくしが悪いんです。捻じれてます。怖いんです。
夏の終わりの絶望と52歳の男より。名盤です。
石丸元章(ライター)

聴いてるうちに、なにがフィクションで、 どこからがノンフィクションなのか、境界線がわからなくなる。
もしかすると、区別する必要がないのかもしれない。 手の込んだおふざけに、どっぷり浸かればいいのだろう。
鈴木智彦(フリーライター

北村早樹子さんを初めて聴いたのは、ご本人からいただいた『わたしのライオン』というCDだったが、当時のぼくは仕事のためオペラと能楽という「音楽の極北」ともいえるジャンルを勉強していたこともあり、「奇妙な曲だなー」という印象をもっただけであった。それから二年後、ふと疲れた夜にテレビをつけたら、CMに北村さんが出ていた。一瞬の出演なのに、すぐに北村さんだと気づいた。すると頭の中に突然、『わたしのライオン』が響いてきた。これも二年前に一度聴いただけなのに。さらにツイッターを見たら、北村さんも同じ日の同じ時間、同じCMを見ていたことがわかった。久しぶりに連絡をとると、北村さんは飯田華子さんと「IKAZUGOKE」を発足させて、すでに「音楽の魔境」へと転進していた。ロリータ風ながらも老成している北村さんと、セクシー風なのに童女のような飯田さん。二人の危険なたくらみを、今では仕事部屋でこっそりと楽しんでいます。
上原善広(ノンフィクション作家)

日本語ラップ史に残すべき奇怪なる名盤……!!
海猫沢めろん(小説家)

おんなの猟奇曼荼羅、無いはずの子宮が疼くIKAZUGOKE
女たちはもちのろん、オヤジどもも必聴だYO!Bum Rap Da Show!!
鮫肌文殊放送作家

〇●〇●

昭和の音楽史から黙殺された≪ヒップホップみたいな女性ユニット≫IKAZUGOKE!!
ラップという概念がなかった当時「音楽漫談」とされた彼女たち。
これは早すぎた二人が70年代に出した幻のレコードの復刻版である‼(たぶん)
復刻版特典として現在のIKAZUGOKEによる当時を回想したトークも収録。ほのぼのムードがいつしたdisり合いに⁉

北村早樹子×飯田華子ユニットIKAZUGOKE初アルバム…ですが、復刻版というテイで発売します。偽の回想トークと楽曲がストーリーとしてつながり、ブックレットには付録として架空の雑誌記事や事件簿などをたんまり掲載。音源だけでなく、読み物としても楽しめるコンセプトアルバムです☆

ボーナストラックとして、山野井譲(fromやまのいゆずる)が2曲リミックスを担当。マスタリングは信頼の宇波拓

〇●〇●

北村へのライブ依頼はコチラ☞ kitamurasakiko.info(アット)gmail.com
その他のお仕事依頼はコチラ☞ warabisco15(アット)yahoo.co.jp

☆キンチョー社のトイレの消臭剤クリーンフローという商品のテレビCMにOL役で一瞬出ています。ここのサイトからも見れるみたい→http://www.kincho.co.jp/cm/html/clean_flow_idol/index_sp.html




《 ライブ 》(予約はいづれも kitamurasakiko.info(アット)gmail.com まで)


☆ライブのおしらせは→http://kitamurasakiko.net/に移動しました☆

《『文學界』にエッセイ寄稿しました!!》

文學界2017年9月号

文學界2017年9月号

文學界』9月号の22ページに、「タチアオイ畑でつかまえて」というエッセイを寄稿しました。堅気の文芸誌でははじめてです。ぜひお手に取ってみてください☆


《『溺死ジャーナルNEXT』に小説寄稿しました!》
もう在庫たぶんありませんが松本亀吉さん責任編集『溺死ジャーナルNEXT』に「色ざんげ」という小説を寄稿しました。こちらは本当に門外不出級のやばい内容なのですが亀吉さんに「『溺ジャ』でしか書けないやばいやつお願いします」と依頼していただいたので書きました。しかしわたしの文なんかよりなにより、亀吉さんの編集後記がいちばん泣けます。あと大橋裕之さんの絵!



テレビブロス姉妹誌『Culture Bros.vol.6』発売中!》

コラム『極私的おっさん見聞録』がついに連載になりました! わーい! 巻末に4ページどーんと載ってます。題字は今回も飯田華子さん! カストリ雑誌風のイカした絵&字を書いてくれて素敵なページに仕上がってます。読んでね☆ (←残念ながら休刊中)




《月刊官能文芸誌『特選小説』にて連載開始!!》
月刊官能文芸誌『特選小説』にて、北村早樹子の「マイクを握って♡」というほんのりエロいエッセイ連載はじまります! 『特選小説』は岩井志麻子せんせい、森下くるみさん、ドルショック竹下さんと、大好きな方がたくさん書いておられる雑誌なのでたいへんうれしい! これを機にみなさま手にとってみてください! 連載ページのイラストはもちろん飯田華子さんです☆



《北村早樹子の「そんなに不幸が嫌かよ!」》
わたしが連載エッセイや連載小説、コラム、書評などの文章をお送りする【北村早樹子の「そんなに不幸が嫌かよ!」】というメールマガジンがはじまりました。ぜひご登録を。毎月月末配信。無料です。バックナンバーもここから読めます(2017年6月号で終了しました、2年間ありがとうございました)→http://www.mag2.com/m/0001664038.html

6.29〜7.5日記

6.29月

8時に起きてゴミ出しして日記を更新。家のことを色々やって、午後から仕事。今日で6連勤がおわる! わたしは怠け者なので、実は今までの勤労人生で6連勤なんてやったことがなかったかも。いつも労働は週3か4に抑えているのでなかなか6連勤にはならないのだけど、ちょっと職場でごたごたがあり、人がいなくて6連勤。出勤早々、やったーー! パワハラッパーK野氏が来ていない! 先週はずっと怒り散らして早退していたが、ついに欠勤! これはたぶん契約社員としてはだめなことなんだろうけど、わたし的には休んでくれてラッキーって感じ。K野氏空気読んでくれたんかな? おかげでひとり足りない営業だったけど、でもなんとかなった。パワハラ受けまくって働くより、2倍働く方が全然いい。24時まで働いて帰宅。6連勤が終わったぞーと思うとすごい解放感。

 

6.30火

6時にアパートの隣の部屋の目覚まし時計で起こされる。しかし、隣人、ずっと目覚まし鳴ってるのに起きない。1時間経過、2時間経過、全然起きない。6時間経過して12時をまわっても全然起きる気配なし。目覚ましはぴぴぴぴぴと鳴り続けている。ずっと聞いているとこちらが頭おかしくなりそう。なので、行きつけの喫茶店それいゆに避難。男前ウエイターお兄さん、CDの感想をくださった。うれしい。そして、おまけのはちみつケーキの切れ端を出してくれた。

f:id:warabisco:20200705220424j:plain

こういうのうれしいね。お紅茶に差し湯までしてくれた。なんて気が利くんだ! しばし読書タイム。帰りに銀行行って、なけなしの残金を引き出し、不動産屋へ家賃を支払いに行く。ついでに、隣の部屋のめざましが、朝6時からずっと鳴りっぱなしの旨を伝える。と、不動産屋のおっさん、「隣の〇〇さん、母子家庭なんですけど、息子さんが子役ちゃんで、今日あたりからロケで館山に行ってるとか言ってたので、帰ってくるかな~」とのこと。えええー! 帰ってこなかったら、夜中までずっと鳴りっぱなし!? 寝れないやん! というか、あのお隣の、よくちんぽちんぽと叫んでる可愛い男の子、子役ちゃんやったんや! びっくり。一回廊下ですれ違っただけしかないけど、すごく小さくて華奢な男の子だった。売れっ子になってほしいな。目覚まし時計はその後、21時まで鳴り続け、朝から15時間鳴っていた計算に。耐久すごい。で、たぶん電池がこと切れたのか止まった。ほっ。

 

7.1水

今日も休み。洗濯して干して、今日は映画の日だ! ということで、なんかええのやってないかな、そういえばK藤さんが想田和弘監督の『精神0』を見に行くっていってたな~。予告を見たらおもしろそうだったので、イメージフォーラムへ見に行くことに。イメージフォーラム、いつの間にかオンラインちけっと予約制になっていた。その前に、ひさしぶりに人間関係へ寄ってお茶した。人間関係は未だ煙草吸えるんですね! あの広さで喫煙可のカフェってなかなか貴重。イメージフォーラムに移動して、『精神0』鑑賞。田舎の82歳の精神科医が、引退して医院を畳んで、ボケかけている奥さんに尽くすほっこり映画だった。かなり患者さんたちに慕われていたお医者さんなので、引退するというとみんなすごく不安がり、かなしむ。昔はちゃきちゃきだった妻もすっかりボケてしまって、手を繋いであげないとちゃんと歩けない。でも、手を引いて歩いてあげてる後ろ姿がすごいよくて、あんな風に誰かと共に歳をとりたいなあとか思ってしまった。映画館を出て、帰路、そうや、原宿にIKEAが出来たんやった、と思い、入場規制かかってたら諦めて帰ろうと思ってダメ元でいったら、普通にするっと入れた。しかし中は人でごった返し。密といえば密。わたしは今使ってる枕がもう10年ぐらい同じやつでそろそろダメになってたので、買い替えた。ちょっといいやつ。あと足つきのガラスのこっぷを買った。あとは特に欲しいものはなかった。帰って、さっそくいい枕に転がる。寝心地よし。これでちょっとは安眠したい。


7.2木

12時半から労働。今日からシフト体制が変わり、なんと11時間労働に。しかし朗報。パワハラッパーK野氏が異動になりました! やったー! もうネチネチ圧力かけられることもないし、意味わからん自慢話を聞かされることもない! 助かった〜。そして今日からK子さんとゆう65歳のおじさん?おじいさん?が入ってきた。経験者でこの仕事は10年以上やってるらしいベテランだそう。だけどちょっとクセが強そう。遅番、このおじさんとタッグを組むことが増えるのでうまいことやっていきたい。N島さんが1時間早く上がらせてくれてラッキーだったけど、それでも10時間労働は疲れた。帰ってベッドにばたん。


7.3金

今日も12時半出勤。出勤前に、選挙の期日前投票をしに区民施設へ。結構並んでて待った。無事投票を終えて出勤。早番にはTさんとゆう、めちゃんこ情熱的で胸板厚めのエエ女抱いてそうなお兄さんがいて、ちょっと情熱的すぎて怖い。K野氏とはまたベクトルが違う怖さ。Tさんは奉仕の精神が強すぎて、献血が趣味だったり、野良猫を保護するボランティア活動をしていたり、でも見た目はわりと厳つい、そっちの人と間違えられることもあるらしい風貌。仕事は人一倍出来るし、でも出来過ぎて怖い。一緒に入ると緊張する。後半はK子さんとだった。K子さん、実はおやじギャグ炸裂おっさんだとゆうことが発覚。ことあるごとにボケてくるのでちょっと疲れる。笑 新キャラ登場である。今日は5時間だけでの勤務だったので楽チン。でも帰っても結局だらだらしてしまった。アマプラでN島さんおすすめの映画『ハードロマンチッカー』を見た。最近の暴力もんの映画の中ではなかなか見れないだいぶ激しめの喧嘩シーンの連続でおおおー。松田翔太をはじめてかっこいいと思った。


7.4土

今日も12時半から仕事。今日はTさんもいないしK子さんもいなくて、N島さんとだったので終始ほっこりしながら働けた。夜は暇な時間帯、ムーディな音楽を流して、映画ラララランドのダンスを真似て踊ったりして遊んだ。駐車場は無駄に広いので実はわたし、ひとりで暇なときとかこっそり踊って遊んでいる。11時間労働、ちょっとでも楽しくやらなやってられへん。帰って夜中テレビ見てたら、昔のアニメ版のエヴァンゲリオンをやっていた。エヴァ世代やし、大芸の直系の後輩に当たるわたしですが、実はちゃんと見たことない。途中からやからとゆうのもあるんやろうけど、全然乗れなかった。


7.5日

今日も12時半出勤。なんか今週、仕事しかしてへん。まあ今はそうゆうときと思ってがんばろう。休み時間読書は『女帝 小池百合子』。

女帝 小池百合子 (文春e-book)

女帝 小池百合子 (文春e-book)

百合子の大嘘つきぶり、人たらし男たらしぶりは言わずもがな、いちばん凍りついたのは、北朝鮮拉致被害者の方の前で「私のカバンがない、私のカバンが拉致されちゃった」とゆう全く笑えないギャグをぶちかましちゃうシーン。どんな神経してるんやこの女。そして読めば読むほど、この人は別に政治がしたいわけじゃない、ただ登り詰めたいだけで中身はからっぽのおばさんなんやな〜とゆうこと。そしてオトンが絵に描いたような下品なおっさんで、これまた香ばしい。都政を任せる気には全くならないけど、ちょっとは同情出来なくもない、けどやっぱり嫌やなあこの女、とゆう感想です。11時間働いて帰宅中、ツイッターみたら百合子が都知事選当確。ガッデム。ツイッターのタイムライン見てたら、みんな選挙いこうぜ運動しまくりでさぞや今回投票率いいんやろう、そして宇都宮けんじさんと山本太郎ちゃんが拮抗してるんやろうとばかり思ってたけど、蓋をあけてみると投票率ばり低いし、百合子ちゃん圧勝でびっくりした。はあ〜東京どうなるん。

6.22〜28日記

6.22月

休日。8時に起きて、ゴミ出しして日記を更新。洗濯は雨っぽいのでやめて、掃除だけしてすっきり。家でコーヒー飲みながら、しばし書きかけの小説とにらめっこする。午後から、読みかけの本を持って、近所の喫茶店、物豆奇へ。今日はココアを注文。

f:id:warabisco:20200628201405j:plain

普段飲まないけど、喫茶店で飲むとおいしい。阿部和重の『アメリカの夜』を読む。夕方から、荻窪へ。K井さんがお誕生日だったので、いつもの鳥もとで飲んだ。本来なら、昨日春公演の千秋楽が石巻で終わって、片づけている頃。K井さんは、もう何年も、春公演が終わったらオフシーズン客演に出て、それが終わったら秋公演で、終わったらまた客演に出て、という繰り返しが続いてて何年も休んでなかったから、こんなにまとまって休むの何年振りって感じらしい。ゆっくり休んで、また秋公演から大爆発して欲しいところ。3、4時間ほど飲んで、健全な時間に解散。

 

6.23火

今日も休日。おひるはいきつけのそれいゆへ。先週はなしかけてくれて少し仲良くなった歌も歌ってるウエイターのおにいさんがいて、CDの感想など伝える。そしてCDいただいたお礼に、押しつけがましくわたしのCDをお渡ししておいた。

f:id:warabisco:20200628201530j:plain

ナポリタン食べてしばし読書。『アメリカの夜』は読了。阿部和重のデビュー作?なんかな? 今につながる作風も匂わせつつ、阿部和重の映画学校時代の話が書かれてあって、青春小説って感じだった。夕方から荻窪でMさんと待ち合わせして、邪宗門でお茶した。邪宗門、はじめて入ったけれど、色々すごかった! 年季の入った椅子、テーブル、可愛い照明、テーブルには造花。これぞ喫茶店って感じですばらしく、おそらく80代と思しきママさんが急な階段を登って注文とりにきてくれる。邪宗門名物らしい、ルシアンコーヒーというのを注文。

f:id:warabisco:20200628201615j:plain

カラースプレーが乗っててかわいい飲み物。なにがすごいって、平日夕方なのに邪宗門、ほぼ満席だった! 未だに喫煙可というのも大きいかも。Mさんと、近況報告などをしあって、2時間ほどお茶した。邪宗門を出て、ふたりでドンキへ寄り道。マスクが売ってたので購入。お菓子などはあんまり安くなかったので買わず。今日は二軒目はなしでまっすぐ帰宅。

 

6.24水

昼から仕事。今日も苦手なK野さんがいて、前半、パワハラを受ける。頭ごなしにダメだダメだと言われ続けるのは本当に堪える。とはいえ、K野氏、言い訳をつけて定時より3時間早く帰ってくれたのでホッ。後半は、K藤さんとほっこり穏やかに仕事出来た。K藤さんに『アメリカの夜』読みましたよーというと、作中に出てくる大西巨人の『神聖喜劇』の話をしてくれた。これもおもしろそうだから読んでみたいけど、めちゃめちゃ長いらしいのでちょっと手が出ない。K藤さんは立場的にすごく上なんだけど(K野氏なんかより断然上)全然そんな素振りは見せないし、すごくやさしい。N島さんもそう。ほんまにえらい人は下っ端に圧力かけてきたりはしないし、みんなやさしい。24時まで働いて、締め業務も終えて着替えていたら、管理室の窓をどんどんどんっと叩かれ、常連のいつも帰りがぎりぎりのマイケル富岡似のヤンチャっぽいお兄さんだった。「もうダメ?」と聞かれ、7分すぎていたので、すみません24時過ぎたらもう車出せないんです、と謝る。「マジかよ~」とちょっとキレていて怖かった。でも規則だし、一度破ると癖になりそうだし。でもこの対応でよかったのか不安で、帰りにN島さんにLINEで相談。そしたら早樹子ちゃんは何も間違ってない!むしろよくやった!と言ってくれてホッ。

 

6.25木

今日も昼から仕事。あーまたK野氏と一緒かーと思うと吐き気がして、常に胃が気持ち悪くて小ゲロを吐きそう。わたし、結構メンタルやられているかもしれない。しかし、出勤してみると、K野氏はこれまた言い訳して今日は早々に15時に早退してくれた! やったー! しかしK野氏契約社員やのに、定時は20時やのに連日早退しまくりで、そんなんオッケーなんか? とちょっと疑問だが、まあわたしは一緒に働くのがほんとに苦なので、早退してくれてラッキー! N島さんとふたりなのでほっこり働けた。昨日、泊車になったマイケル富岡似のお兄さん、今日も閉店ぎりぎりに車とりにいらっしゃった。でも開口一番「おねえさん、昨日はごめんね~」と言ってくれて、めちゃくちゃいい人だった! 強面だけど、すごくいい人! 謝れる人はいいなあって思った。24時まで働いて帰宅。

 

6.26金

昼から仕事。今日もK野氏とだ、つら……ひとくちゲロ吐きそう……と出勤。すると、K野氏は今日はなにやら別の同僚に対してめちゃくちゃキレていて、N島さんにあいつはほんとにダメだというのをコンコンと訴えて、腹立ちすぎておなか痛いから帰るとか言ってまたしても16時に早退していった。ラッキー! ツイている! 仕事は金曜なのでそれなりに忙しかったけど、N島さんとふたりなので変なプレッシャーもなく落ち着いて働けた。休憩時間に秋吉理香子『聖母』をさくさくと読了。最初はよくありがちな幼児殺人事件ものかなと思ったけど、最後の展開がなかなかぞぞぞだった。寝る前はN島さんの影響でシソンヌのコントにハマっている。『うちの息子、実は』というコントが秀逸すぎて感動。何度も見ている。これ、普通に救われた人いっぱいおるんちゃうかな~。

 

6.27土

昼から仕事。今日もK野氏、と恐々出勤したら、すでにK野氏は早退したあとだった! やったー! しかし定時20時やのに、何時に帰ってるんやろ。まあいない方がいいので全然問題ないですが。でも今日はもうひとり、N村さんというおじさんも午前中に早退してしまい、おかげでN島さん12時出勤になっちゃって、お気の毒。N村さんも早退癖があって、すぐ休む(契約社員なのに)。明日明後日も休むらしく、おかげでわたしが出勤になってしまった。まあ予定なかったからいいけど。わたしはK野氏さえいなければ全然苦じゃないので、仕事になること自体はオッケー。明日明後日も早退してくれることを祈ろう。休憩時間は、ついに噂の『女帝 小池百合子』を読み始めた。石井妙子さんのルポはこれまでも何冊か読んでて、信頼してるので、今回もおもしろくないわけがない。24時まで働いて帰宅。帰りの電車の中で、向いの席に座ってる人が徐に席を立ったかと思ったら千鳥足で連結部分へ行って思いっきり嘔吐していた。駅員さん掃除大変そう。そして駅から家までの道に大便が落ちていた。あれは犬の糞ではない。確実に人糞だ。ここ足立区じゃないのに。治安が悪いサタデーナイト。

 

6.28日

6時に隣の部屋のめざましが鳴り起きてしまう。仕方ないので起きて、カフェオレ飲みながら日記を書く。今日も昼から仕事。出勤早々、K野氏はとある方にキレちらかしていて、もはや誰にも止められない。さらうぞ!とかゆうていた。こわー。でも腹立ちすぎて仕事出来ないからと理由をつけて今日も15時に早退してくれた。よかったー。しかし今日はこまごまと事件がいくつか起きて、その処理に追われてN島さんたいへんそう。でもそんな事件よりなにより、わたしは人間関係のぐちょぐちょがいちばんしんどいなあ。はやく平和な職場になってほしい。24時まで働いて帰宅。

 

6.15〜21日記

6.15月

休日。8時に起きて、日記を更新してゴミ出しして掃除して、そうや、髪の毛切ろう、と近場の千円カットの店を検索。ちょっと前まではお風呂で自分で切っていたのだけど、お風呂で髪の毛切ったあとの掃除がたいへん&排水溝がめっちゃ詰まるのでめんどくさくって、最近はもっぱら白髪染めついでに美容院。でもまだ白髪染めは早いので今回は千円カット。最寄り駅には千円の店はないので、定期あるしちょっくら阿佐ヶ谷へ。商店街の中にあるお店。千円カットはシャンプー台とかはなくってほんまにただ切るだけ。わたし以外はおじいさんばっかりで、ちょっと並んだ。えっ毛髪ほぼないんですけど、どこを切るんですか?っておじいさんばっかりでちょっとおもしろかった。ものの10分ほどで切り終わってすっきり。といっても髪型は変わらず。その後、商店街をしばしぷらぷらして、駅の方へ戻り、せっかく阿佐ヶ谷に来たので、大好きな喫茶gionへ。

f:id:warabisco:20200621165343j:plain

はじめてgionのナポリタンを食べた。しっかり炒まった香ばしい味がしておいしかった。テーブルにアジサイが飾ってあってかわいい。季節のお花が飾ってある喫茶店はその時点で100点。しばし読書タイムして、その後、前から行きたかった切通理作さんが去年オープンした古本屋さんネオ書房へ。しかしまだ開いてなかったので、その先にある古書コンコ堂へ行って立ち読みしてたら、隣に切通さんが! ということで、その後ネオ書房へ。ネオは漫画と映画本が豊富で、あと駄菓子も売ってる古本屋さん。主に切通さんの蔵書を売ってるとのことで、犯罪本コーナーも充実していて、解説してもらった。図書館で借りて読んだだけで持ってなかった、絶版の坂口弘本と、畠山鈴香の裁判記録本を購入。あと可愛い紙石鹸も購入。夕方帰宅し、ごろごろ。休日らしい休日。

 

6.16火

今日も休日。午前中、百均にボタン電池を買いに行くも売ってなくて、結局吉祥寺の大きい百均まで。百均にマスクが売っていた。3つ入りのやつ。一応買っといた。ついでにブックスルーエにも寄り道。でも特になにも買わなかった。カルディで水出しのルイボスティの茶葉を買った。わたしは麦茶があんまり好きではないので、家で飲むお茶はペットボトルのウーロン茶だったのだけど、しばらくルイボスティに変えてみよう。こっちの方が経済的やし。銀行へお金おろしに行ったら、なんと! 特別給付金が振り込まれていた! やっほー! 10万円もらえたとおもうと、気持ちが晴れやかに。西荻に戻って、パソコンもって、行きつけのそれいゆへ。それいゆの男前のおにいさん、実はピアノを弾いて歌ってる同業者だということが発覚し、歌もおしゃれでよかったのでこっそりインスタをフォローしていたのだけど、そしたら今日、話しかけてくれた! しかもおまけでアップルパイのはしっこを出してくれちゃった。こういうのうれしいね。

f:id:warabisco:20200621165430j:plain

パソコン広げてしばし書きかけの小説とにらめっこ。それいゆは家より書き物が捗る。帰りに、おにいさん、自身のCDをくださった。大事に聴こう。夜は図書館で借りた桐野夏生の『夜の谷を行く』を一気読み。わたしの好きな連合赤軍ネタを実名で書いてあり、なかなか読み応えあっておもしろかった。

 

6.17水

昼から仕事。新人さんのおじさんが入ってきた。元ホテルマンらしく、まだ二日目なのにすごく優秀でびっくり。でもうちの現場で研修だけして来月から虎ノ門へ行っちゃうそうな。残念。今日は夜はK藤さんとのコンビだった。K藤さん、何故か徐に恋バナをはじめ、3時間ほどみっちりK藤恋愛史を聞くことに。K藤さん、みかけによらずめっちゃ積極的で、つい最近も26歳の人妻に恋をしてしまい、猛アプローチしていたら社長にバレてお咎めを受けたらしい。おもしろい。結婚してしまった元カノ(写真見せられたけど超美人だった)ともずっと連絡とりあってるらしく、どうやら人妻に萌える習性らしい。困ったもんだ。そんなK藤さんとはかなり文化的趣味が合い、話すのがたのしい。最後は管理室でファスビンダーやハネケの話で盛り上がった。24時まで働いて帰宅。寝りしなにコンビニでアイスの実の梨味を買って帰った。アイスの実梨味、超うまい。

 

6.18木

今日も昼から仕事。行きしな、総武線おかあさんといっしょに乗ってる5歳ぐらいのちびっこが俳句をずっと詠んでいて、天才的でかわいくってきゅんきゅん。何故かおかあさんとの会話を全部575で返していて、ひとり笑点状態。どうゆう教育をしたらあんな子に育つのやろ? 子どもっておもしろいなあ。仕事はだんだん慣れてきたかな? お客さんへの説明は滑らかに言えるようになってきた。後半は管理室で読書出来るのがありがたい。ミシェル・ウェルベック素粒子』読了。むずかしくて半分くらい理解出来てない気がするけど、痺れるフレーズもたくさんあっていい本だった。あと下ネタもふんだんで楽しめた。ウェルベック、他のも読んでみよう。

 

6.19金

昼から仕事。N島さんはやっと今日で16連勤が終えられた! わたしは4連勤ですら、長いわ~とか思っちゃう怠けものなので、16連勤とか本当にすごすぎる。えらすぎる。夜、管理室でN島さんのおすすめシソンヌの動画を見た。ごんちゃんのちっちゃなお友達はたいへんツボで笑った。し、他のやつも、アーティスティックなんだけどちゃんと下品でいい! わたしはラーメンズは実は苦手で、おしゃれすぎてかっこよすぎて品がよすぎて笑いどころが全然わからないのやけど、シソンヌはちゃんと低俗な部分もあるので笑っちゃう。ところでシソンヌって、バレエ用語のシソンヌから来てるんかな? 

 

6.20土

今日は11時から仕事。前半はおじさんふたりとだったので、ほっこりのんびり。だが15時からわたしの苦手なK野氏が出勤してきて、今日はN島さんもいなく逃げ場がないので地獄だった。昨今よくきくパワハラ問題とかありますが、たぶん確実にK野氏のあれはパワハラで、こんこんとわたしが如何に仕事が出来ないクズであるかを詰められ、精神がぺったんこになった。個性的というのは仕事が出来るうえで、人と違うことも出来る人のことを言うのであって、仕事も出来ないで人と違うやつはただのバカだから! とか言われ、はい、わたしタダのバカデスヨ……別に個性とか出した覚えもないのやけどな……。この仕事は基本、3人体制か2人体制で、協力しあってまわすのだけど、K野イズムでは一人で全部やれ! 一人でやれないと時給もらう資格ない! らしく、絶対手伝ってくれない。まだわたし今月入ったばっかだし、ワンオペは無理ダヨ……。そしてK野氏のなにより疲れるのは、他の社員さん全員を見下してて、全員の悪口をめちゃくちゃゆうてくるところ。俺以外は全員仕事出来ないから、俺以外のゆうことは聞くな、とかゆうてくる。でも残念ながら責任者はN島さんやし、その上にK藤さんがいて、K野氏は平の契約社員なんです。でも俺以外全員バカ、みたいなことを滾々と解いてくるのです。あーきつう。俺が如何にすごいやつか自慢がはじまり、どこまでがほんまか知りませんが、話をきいてると、K野氏は元プロボクサーで元プロのラッパーで元プロのコック、履歴書出せばここの時給の倍以上でどこのレストランでも働けるし、君も音楽やってるらしいけど悪いけど俺は音楽でも君より全然売れてるから(いや、たぶんどっこいどっこいか、まだわたしのがちょびっと売れてるんちゃうかな?笑)とのこと。お金がないからアルバムが出せないとかPVが作れませんとかだせーから働いてるらしい、俺は金があるから来月にでもアルバム作れると豪語(ん?アルバムもPVも自主制作が前提なんすかね?)音楽やるには憧れられる存在でないといけないから、それなりの格好しなきゃいけねえから、いい服も買うし、とかゆってらっしゃるんだけど、K野氏残念ながらボクサー時代の見る影もなくかなりのぽっちゃり体型さんで腹ぽっこり。キメキメのかっこしたらおもしろくなっちゃうよ? 「今何歳?35歳?きついね〜。何歳まで音楽続ける気?音楽はさ〜、リミットが特にないのが問題なんだよね。35歳までにアルバム1枚でも出したことないやつは辞めなきゃいけないとか決まりがあったらいいのにな〜」とか言いたい放題言われた笑  わたしこれでもアルバム6枚出してるんですけど。ちなみにそんなK野氏は42歳デス。「俺シフトの希望なんか一回も出したことねえからな、スタジオだから出れません、ライブだから出れません、なんてゆってちゃダメ」それ単にあなたがライブオファーがないだけなんじゃ……。もうツッコミどころ満載すぎて、最初は悪口とダメ出しきつすぎてストレスで胃が痛かったけど、だんだん笑えてきたよ。マウンティングぽっちゃりラッパーくんやんね。でもここまできたら、どんなラップしてるんか聞いてみたいな~。俺の歌に嘘はない!とアツいことをゆってらっしゃいました。ほほえみ。あ〜疲れた。


6.21日

休日。8時に起きて、洗濯して、西友のまずいコーヒーを淹れて、日記を書いて、午後から図書館へ。日曜日は図書館へ行く曜日にしよう。予約の本を受け取り、そのほかにもなんかないかなと物色。それから更に荻窪方面へ散歩がてら足を伸ばして、好きな本屋Titleへ。相変わらずいい本屋さん。さんざん迷ってここでしか買えないミニコミ本を一冊買った。西荻に戻って、いきつけのそれいゆへ。収穫した本を読みながらお紅茶を飲む至福のひととき。2時間くらいして帰宅し、家でも畳に転がって読書。BGMは渋谷毅さんと津上研太さんの『無銭優雅』。それから夜までパソコン開いて小説とにらめっこ。深夜はGYAOで映画『マル秘色情めす市場』を鑑賞して夜更かし。名作といわれていて、絶対好きだから見てと色んな人に勧められていたんだけど、この度はじめて鑑賞。なるほど、色んな自主映画や単館系映画はこれの影響を受けていたのだね! あれのあのシーンとかまんまやん。西成、売春、姉弟相姦、コンドーム洗い、ニワトリに大阪城通天閣飛び降り、膣に煙草。芹明香花柳幻舟の親子は素晴らしいキャスティングやな〜。知恵遅れの弟役もうまかった。

6.8〜14日記

6.8月

7時に目が覚めて、ゴミ出しして日記を更新して、お風呂。午前中、銀行に行ったり郵便局に行ったり、ちょこちょこ用事を済ませて、昼から仕事。今日は入庫をひとりで出来るように頑張る日。渋谷の現場は機械式の駐車場で、お客さんの車を誘導して綺麗に枠の中に入れなきゃいけないんだけど、わたし自身は免許もないので、どれくらいハンドルを切れば右に寄るとかもわからないから、うまく誘導が出来ない。数をこなして慣れるしかないな~って感じ。今日からビルの色んな部署の代表者が集まる夕礼にも出席。今まで普通に暮らしてたらわからなかったけど、ビルってこんなけ色んな人たちが働いてるんやな~。24時まで働いて、1時頃に帰宅。

 

6.9火

午前中は睡眠薬が抜けきらず、起きてはいるけど頭働かないしずっと身体がだるいまま。わたしの飲んでる睡眠薬は効果が10時間持続する強めのやつなので、そらそうか~って感じ。しかしこの生活サイクルになってずっとこんな感じやと、午前中無駄にしてしまうから考えもんやな~。今日も午後から仕事。今日はN島さんとK藤さんという、安心メンバーなのでうれしい。K藤さんは先週、三島由紀夫VS東大全共闘の映画を見てきたらしく、わたしも見たので話せてうれしかった。しかしK藤さんは目のつけどころが違って、さすがって感じだった。夜はN島さんとふたりシフト。暇なので管理室で読書してたら、N島さんがファミマでコーヒーを買って来てくれた。仕事中にコーヒー飲みながら読書出来るって、なんていい仕事なんだ! 24時に退勤。N島さんと一緒に帰った。

 

6.10水

午前中から病院で虎ノ門へ、月イチの通院デー。先月まではコロナの影響か病院わりと空いてたのに、今日はすごく混んでいた。10時半の予約やのに診察まわってきたの12時半。どうなってるんや。午前中の診察と検査を終えて、午後の診察の予約は14時半なので、喫茶フーガへ。先月はコロナで閉めてたけど、営業再開していた。でもいつものふとっちょで愛想のいいおばちゃんはいなくなってて、可愛い小柄なおねえさんになっていた。ここは未だに煙草が吸えるので、昼休みサラリーマンたちがすぱすぱ煙草を吸っている。これが喫茶店やよねって感じ。ナポリタンハーフとコーヒーを注文。

f:id:warabisco:20200614220736j:plain

ハーフでもわたしには十分な量で、ナポリタンやのにキャベツやほうれん草まで入ってて具沢山、コーヒーは2杯までおかわり出来て、これで840円は安い。虎ノ門の穴場喫茶店。実はアップライトピアノもあるし。(雑誌置き場にされてるけど)しばしコーヒー飲んでゆっくりして、再び病院へ戻って午後は精神科の診察。またしても小一時間待って、診察自体は睡眠薬の処方だけなので一瞬で終わる。お会計して処方箋もらって隣の薬局で一カ月ぶんのお薬を購入。時間的に間に合いそうだったので、虎ノ門から高田馬場へ出て、早稲田松竹へ。そういえば見てなかった映画『新聞記者』を鑑賞。あれだけ話題になったし、内容的にも見とこうって感じで見たんだけど、正直、あれれ?! って感想でした。つまんなすぎて寝てしまった。失敗やったーと思いながら帰って、お風呂はいろと思ったら、え!? お湯が出ないんですけど! 我が家のお風呂は未だにこんな化石みたいなバランス釜あるんかよってぐらい古いやつで、ガス栓をひねったらボーって火がついてお湯が出るシステムなのだけど、何回やっても火がつかない。何故だ!? ガス止められたんかな? と思って台所の方のガスつけたらこっちは火ついたから、やっぱりお風呂がおかしい。壊れた! 最悪やー! ということで、再び服を着て、銭湯へ行くことに。引っ越してきて初銭湯。これが意外と楽しくて、たまには銭湯もいいね。家ではシャワーしか浴びないから、ひさしぶりにゆっくりお湯につかった。しかしあったまりすぎて帰り道あつくて、コンビニでアイスの実を買ってしまった。銭湯帰りのアイスは最高だった。しかし今日は銭湯行けても明日から三連勤、仕事から帰ったら深夜1時やから銭湯しまってるし、どうしよう。

 

6.11木

朝、お風呂のガス栓ひねってみたら、普通に火がついた。あれ~!? 昨日のん、なんやったんや! でも、治ったんやったらええんやけど、また突然つかんようなったら困るしな~。うーん。今日も午後から仕事。今日は狂犬K野さんがいるので震えながら出勤。今日からはストップという最初に車を止めて車種判別してお客さんに概要を説明するポジションの仕事を教わった。このポジションがいちばんむずかしい。入る車とお断りしないといけない車を瞬時に見分けないといけないけど、正直わたし今まで車の種類を意識して見たことないから、入ってきてもなんの車か全然わからない。エンブレムみてもわからない。覚えていくしかないなー。K野さんは屁理屈を捏ねて定時より2時間はやく帰って行かれた。ちょっとほっとした。夜はN島さんとふたり。ストップや入庫の練習をした。入庫はだいぶ段取りがわかってきて、綺麗に入れられたらうれしい。はやく全部マスターしたい。夜、トイレを借りに来たバンギャみたいな女の子が1時間以上トイレから出てこず、警備さんがやってきてつまみ出されていた。その子は24時に仕事終わって地上に出たら、ひとりぼっちでまだ外でふらふらしてて、ナンパ待ちか家出少女ぽかった。渋谷やなあ。

 

6.12金

アンジャッシュ渡部氏の多目的トイレファックニュースはなかなかのエンタメで(不謹慎ですかね、すみません)、六本木ヒルズの地下駐車場の多目的トイレらしいので、わたしは今渋谷の某百貨店の地下駐車場勤務で多目的トイレあるので、うわ~こういうとこでやってたんか~と思うとなんかしみじみしちゃう。確かに地下駐車場のトイレってそんな人こないし、穴場だったのかもね。しかし渡部氏はまじで女をただの肉便器としか思ってないんやろね。お手軽にハメたあと1万円だけ渡してたっちゅうのもな~。風俗より安いがな。今日も午後から仕事。K野さんがいるので18時まではぴりぴり。K野さんは自称K連合、自称Y組傘下、元プロボクサー、とどこまでがほんまかわからんけど、物騒なワードが揃い踏みのおにいさんで、常に全方位的に鬼越トマホークばりにキレるのでもう本当に怖い。どう接したらいいかわからない。しかし前の職場ではこの手の人とは絶対仕事することなかったから、色んな人おるな~って意味ではおもしろい。今日から最上階のクラブみたいなところが24時までの営業になったそうで、そこのお客さん、外国人アベックや、刺青バキバキのあんちゃんたちなどがわらわら来ていた。仕事終わり、地上に出たら、パーティーピーポーみたいな人たちがきゃっきゃしてて渋谷やな~。

 

6.13土

雨。今日も午後から仕事。職場は地下3階ということもあるのか、雨じゃなくても湿気がすごくて、髪の毛がちん毛みたいになるので、雨の日はほんまにひとたまりもない感じ。梅雨は憂鬱。今日は出勤するなり、K野さんが機嫌よくって、ストップの仕事を教えてくれた。機嫌いいときはそんなに怖くない。まだ車種判別は出来ないけど、ストップの仕事もだんだん段取りがわかってきた。夜はN島さんと30分交代での勤務。読書が捗る。今はミシェル・ウェルベック素粒子』を読み始めている。

素粒子 (ちくま文庫)

素粒子 (ちくま文庫)

わたしは呑気に読書出来るけど、N島さんはその間にシフト作成しないといけないのでたいへんそう。しかもN島さんはただいま16連勤中。鬼である。責任者ってたいへんや。しかしN島さんはたいへん感を全然出さないし、ずっとやさしい。ほんまに人格者だなあと思う。24時まで働いて、退勤。帰りは雨やんでてよかった。


6.14日

今日は休み。今週は週5も働いたので、怠け者のわたし的にはかなり働いたぜーって感じで休みがうれしい。朝は涼しかったので二度寝三度寝をかまして、10時頃に起きて、コーヒータイムしながらパソコンで日記を書いて、ひるすぎに行きつけの喫茶店それいゆへ。雨だけどにぎわっていた。今日は豪華になすチーズナポリタンを注文。

f:id:warabisco:20200614222044j:plain

ナポリタンの上にとろけるチーズがとろーりで夢みたいにおいしい食べ物。食後にお紅茶飲んでしばし読書し、3時くらいに雨止んだので店を出る。ネットで調べたら、どうやらずっとコロナで閉まってた図書館が営業再開したみたいなので、よろこびいさんで西荻図書館へ。引っ越してきてずっとしまってたからはじめて中に入った。そんなに広くないので蔵書も少なめ。あんまり読みたい本はなかった。ので、パソコンで予約お取り寄せした。それでも軽く読めそうな本を6冊ほど借りた。夕方帰宅して、畳にゴロンして、借りてきた本を乱読。休日を満喫した一日。

f:id:warabisco:20200614223248j:plain

6.1〜7日記

6.1月

休日。8時に起きて、ゴミ出しして日記を更新。洗濯機を回して、しばしだらだらして、おひるはそれいゆへ。はじめてチーズカレーを食べた。

f:id:warabisco:20200607222013j:plain

お皿の下に布が敷いてあって可愛い。もちろん味はおいしい。お紅茶飲みながらしばし読書。今日から阿部和重の『オーガ(二)ズム』を読み始めた。今回も広辞苑ほどある分厚さの力作。三部作、『シンセミア』と『ピストルズ』は一応読んだはずなのだけど、もう何年前って感じなので忘れていて、神町てなんやったっけってなっててなかなか話に入っていけない。一旦帰って、夕方家を出て新宿へ、今日は2か月ぶりに映画館へ。今日から映画館が再開、おまけに1日映画の日で千円、ということで、よろこび勇んでケイズシネマへ守屋文雄監督『すずしい木陰』を見に行った。ロビーへ入ると、「さきちゃん!」と呼び止められ、女優のK林A子さんとばったり。しばし邂逅をよろこび、きゃっきゃと話す。A子さんとは映画館でよくばったりお会いしてて、そうそう、こういうばったりも映画館の醍醐味のひとつやな~と思ったりする。A子さんと会えたのがうれしくて騒いでたら、ちょうど映画館再開の取材に来ていたNEWS23のスタッフさんに声かけられて、コメント良いですか?と言われ、なんとふたりでうっかりテレビに出てしまった!笑 ふたりとも一応女優なので、なんかちょっとわざとらしいコントみたいなコメントをしてしまった。マスクだからわからんかなと思ったけど、色んな人からメールやLINEをもらい、バレバレだったと言われました。そんなことはさておき、『すずしい木陰』は、なかなか仰天の挑戦的な映画で、具体的な内容を書くのは避けますが、まさかの98分でした。これで98分やりぬくって、すごい攻めやな~って感じ。映画館でしか成立しないであろう映画でした。前作の『まんが島』からは180度作風変わってて、こんなんも撮るんや守屋さん、と仰天でした。

 

6.2火

今日も休日。午前中、通販の発送など事務仕事をして、午後からちょっと一服しに阿佐ヶ谷のgionへ。今月はバイトのために定期を買ったので、途中下車放題なのがうれしい。gionはいつも生花が飾ってあっていいな。

f:id:warabisco:20200607222110j:plain

甘いアイスコーヒーを飲みながら、阿部和重を引き続き読む。夕方から渋谷に出て、ユーロスペースで映画『許された子どもたち』を鑑賞。内藤瑛亮監督の映画は『先生を流産させる会』から好きでなんやかや追いかけていて、今回も期待していた。いじめの末に同級生を殺してしまった加害者の男の子とその家族、と周囲の話で、裁判傍聴が趣味のわたしには裁判シーンがちょっと残念だった。そのほかもネット文化をちょいちょい挟んでくる感じが、世相を取り入れてるんやろうけどいまいちに思えてしまい、うーん期待しすぎたかな? って感じだった。いや、悪くはないんだけど。しかし昨日に引き続き、映画館、満席。ただしソーシャルディスタンスでみんなひと席あけて座ってるから実質半分か。これやと採算とれるんかな?

 

6.3水

今日から渋谷の現場で仕事。しかも遅番で15時~24時というシフト。15時まで家でなにしよう。なんでも出来るんやけど、体力温存しとこうとか思っちゃって結局なにもしないまま、家出る時間に。渋谷の現場は、5月に2回だけ入ったことがあったので、一応先輩たちの顔は知っている。みんなおもしろいキャラクターのおにいさんたちばかり。だけど今日はわたしが来る前にちょっと事件が起きていたらしく、みんなでばたばた、本社から社長さんとナンバーツーのWさんという人が来ていて、わたしははじめてお会いしてご挨拶した。18時から休憩。近くにちょうどいい喫茶店もないので(Paris Coffeeは閉店してしまった)上のタリーズに行った。がらがらだったので快適だった。24時まで働く、という体験が15年ぶりとかなので、しんどいかな~とか心配していたけど、今日タッグを組んだK藤さんは美大出で今も不思議な現代アートな作品をしこしこ作っているおもしろいお兄さんで、夜暇な時間に、最近作った作品を見せてもらったり、わたしが今阿部和重読んでるって言ったら、ミシェルウェルベックをオススメしてくれたり、趣味も合いそうで話がたのしい。日本橋の現場にはこういう話が出来る人が誰もいなかったので、渋谷の現場に来れてよかったな~と思いながら、一日目が終了。

 

6.4木

昨日は1時に帰って、2時半ぐらいに寝たから、朝はゆっくり寝よと思ってたのやけど、隣の部屋の目覚まし時計が6時に鳴って目が覚めてしまう。くっそー。お隣の小学生のちびっこ、どうやら学校がはじまったみたい。それはよかったね。早起きしたわり、まだ睡眠薬が身体から抜けてないので頭が働かず、なにもせずぼんやりしてたら結局出勤する時間に。今日はN島さんと一緒のシフト。この会社に入って1か月、はじめてN島さんと一緒にシフトイン。N島さんとはもうかれこれ17,8年の仲なのだけど、まさかこうやって一緒にお仕事する日がくるとは。大阪時代の知人が見たらびっくりする光景やろうな。夜、管理室で机となり合わせで締めの事務仕事をしていると、一瞬チューバディスクの仕事してるんじゃないと錯覚しそうになる。でもわたしもN島さんもネクタイ締めてるし、不思議な感じ。12時15分に仕事上がって、一緒に帰路。おうちも近所なので安心。

 

6.5金

今日も15時から仕事。15時からなら、おひる喫茶店いけるやんって気もするけど、なんとなく今週はやめとこって感じで結局家にいた。渋谷の現場はN島さんがいるので心強いというのが大きいけど、仕事行くのが全然苦じゃない。わたし、基本すごく怠けものなので、仕事嫌いだし仕事の日は気持ち萎え萎えなんだけど、不思議と今のところ全然いやじゃない。このままたのしく働けたらいいな~。

 

6.6土

15時から労働。出勤早々、ちょっと事件があり、Kさんという元プロボクサーでラッパーのおにいさんがパチンパチンにキレていて、その後Kさんの怒りは治まることなく、もう全方位的にキレ散らかしていて、ひさしぶりに「やんのかコラ!」「喧嘩してやろうか!」とかってセリフをリアルに吐きまくる人を間近で見て震えた。途中、仕事もたもたしてしまってわたしにも火の粉がちょっと降りかかってひえええってなった。女にも容赦ない。この職場好きだけど、Kさんは要注意や。Kさんにボコられんように仕事しっかり覚えないと。あー。しかしこの職場は本当に色んなキャラクターが揃っていて、狂犬が何人かいて、K藤さんは魁!男塾と呼んでるくらいで、そんな現場をまとめないといけない責任者のN島さんはほんまにたいへんである。わたしも足引っ張らんようにがんばらないといけません。


6.7日

4連勤明けで、今日は休日。10時まで寝た。起きて、いい天気なので洗濯機を回して布団を干す。昼からK井さんと駅前で待ち合わせして、久しぶりにふたりで飲んだ。いつも前を通っていた戎で昼飲み。戎、机ごとにシートで区切られてて、カウンターはひとりずつパーテーションで区切られていた。春菊おひたしやいわしコロッケなどを突きながら、おしゃべり。近況報告や、時事ネタや、本の話など。久しぶりに楽しいひとときだった。本当なら今頃、花園神社で公演してる頃かーと思うと悲しいけど、秋以降の計画をお聞きしているとほのかに希望が湧いてきた。また近々飲みましょう〜と言い合って健全な時間に解散。帰って日記を書いた。

5.25〜31日記

5.25月

7時に起きて、ゴミ出しして日記を更新して、コーヒー飲みながらスマホをいじってだらだら。今日は休日。銀行行って、公共料金を支払い、不動産屋へ家賃も持っていった。お金がいっぺんに出て行った。しかし今月も何とか支払いが全部出来てよかった。在宅お仕事をくれたみなさんや、通販を買ってくださったみなさんのおかげ。来月は、あたらしい仕事のお給料も入っているので大丈夫のはず。なけなしのお金をおろしたし、前から行きたい喫茶店があったので、ちょっくら三鷹へ。三鷹は2年ぐらい前に作家のU猫沢めろんさんと精神科医K先生宅へ遊びに行かせてもらった以来。駅前のリスボンという喫茶店へ。こじんまりとした店内。カウンターが5席ぐらいと2人がけテーブルが6個ぐらいかな。はしっこの席でしょぼくれたおっさんがあやしげな仕事の面接ぽいのをやっていた。ブレンドコーヒーと170円のモーニング。

f:id:warabisco:20200531164309j:plain

ホットドッグにサラダとゆでたまごとマカロニがついていてこれで170円はやすい! ちょっと本郷三丁目の麦に似ている感じ。麦から名曲要素を抜いた感じ。しばし読書タイム。カウンターの中ではママさんと思しき方が一生懸命テイクアウトのサンドイッチをこさえていた。お昼にサンドイッチをおべんとにしていっぱい売ってるみたい。おいしそうだった。お昼前にお会計して出る。暇なので吉祥寺まで歩くことに。ラジコで三四郎のANNを聴きながら、草ボウボウの川沿いを歩いた。気づいたら井之頭公園の中にいた。動物園はおやすみ中? なんかな? 実はちゃんと井之頭公園で遊んだこともないし、動物園も行ったことないなー。吉祥寺は相変わらず人が多い。せっかく吉祥寺に出たので、よみた屋に行ってみる。閉まってる覚悟で行ったけど、ラッキー開いていた。でもあんまり収穫はなく。平山夢明先生×春日武彦先生の『サイコパスの手帖』が新刊で500円で売っていたので購入。そのまま西荻まであるこかと思ったけど、さすがにそこまで元気はなかったので大人しく電車に乗って帰宅。午後はベッドで『サイコパスの手帖』を読んだ。穏やかな休日。

 

5.26火

6時に起きて、支度して、日本橋の某老舗百貨店の現場へ労働へ。緊急事態宣言が解除になって、満員電車になってるのを恐れていたけれど、東西線は8時台でもそこまで混んでなくて普通に座れた。緊急事態宣言解除になったので、混むかなと思ったけど、平日なのでそこまで忙しくはなく(というかこないだの土曜日が異常に忙しかったのでそれを体験したあとではもはや怖いものなしかもしれない)平常心で働けた。荷捌きの一時間もおじさんやさしいので、最初は荷捌き行くの嫌だったけど、今となっては荷捌きの一時間が癒しになっている。T社の人々は基本無駄話は一切タブーで全員ロボットみたいで怖いけど、N村さんというおじさんだけおしゃべりでよく話しかけてくれる。N村さんはうちの会社の人のことも詳しくて、誰々はどんな人で、とかプロファイリングノートみたいな謎のノートをつけていて、見せてくれてちょっと怖かった。わたしもあんまり素性を明かすとノートにデータをつけられてしまうかもしれん。くわばらくわばら。仕事はめっちゃできるし、丁寧に教えてくれるし、悪い人じゃないんやけど。しかし9時間ぴりぴりムードの中で姿勢よくしておじぎの角度まで気にしながらロボットになって働くと、帰ったら完全に電池切れで何もする気が起きない。

 

5.27水

6時に起きて、支度して、あれ、今日から12時出勤になったんやった、と気が付いて、朝から2時間無駄にしてしまった。もっと寝ればよかった。今日も日本橋の現場へ出勤。荷捌きは、あたらしいおじさん、というかおじいさんと一緒やって、おじいさんやけどすごいちゃきちゃきした人で、元気ですごいな~と感心感心。その後の3時間は、今日は都営の方の現場へ入れてもらった。本来、うちの会社の人はみんなこっちにいるんだけど、ひとりだけヘルプで百貨店の方へ行かねばならず、わたしがいつもそのポジションなんだけど、緊急事態宣言解除で、百貨店の営業時間も変わり、T社の従業員の数ももどったらしく、これからはあんまり百貨店の方にはいかなくていいらしい。よかったー。そして、都営の方の現場は、これで同じ時給って嘘でしょ?!楽すぎなんですけど!今までのしんどさなんやったの!と腹立つぐらい楽ちんで、誰もロボットじゃないし、天国だった! しかし、百貨店が忙しくなる夕方からの3時間はわたしはやっぱり百貨店の方へ行かなくてはならず。天国を知ってしまうと余計に地獄だった。夜は再び都営に戻って、21時まで。ラスト1時間はみんなでラーメンの話をしていた。男性陣はみんなラーメンにめっちゃ詳しい。

 

5.28木

朝9時、N島さんと駅前で待ち合わせして、こけし屋テラスでモーニング。

f:id:warabisco:20200531164405j:plain

西荻に越して、喫茶店はだいたい行ったけど、こけし屋を何故か忘れていてはじめて入った。いい天気の平日の朝に、テラス席で、優雅にモーニング。たいへん気分がいい。トーストにすごく上等そうなバターがついていた。N島さんに、職場のいろんな話を聞いてもらったり、来月のシフトの相談など。N島さんは渋谷の現場の責任者なので、今月、なんやかやでわたし百貨店現場ばっかりで死にかけていたのを、N島さんが上にかけあってくれて、来月はわたし渋谷の現場専門にしてくれたらしい! ありがたい! 渋谷の現場はロボットいないし、おもしろいおにいさんたちばっかりなのでうれしい! よかったー! その後、どんぐり舎に移動して二杯目のコーヒーを飲んでおしゃべり。たのしい休日の午前中だった。昼過ぎに帰って、なんとなくアマゾンプライムを見ていたら『家族ゲーム』を発見したので見始める。すごくヘンテコな映画だった。ごはんの風景からして変で、食卓を囲まず細長いテーブルに横並びで食べている。登場人物もみんな狂ってて、松田優作もちろん変だけど、お父さんとお母さんがふたりで話したいからってわざわざ車に乗るのも変だし、息子ふたりも男前だけど変だし、隣人の戸川純は可愛いけどゆってることめちゃくちゃ。とにかくずっと変やわ~と思ってて、途中で、あ、一切音楽ないから気持ち悪いんやって気づいた。劇伴が一切ない。いや~変わった映画やった。見終えて夕方、西友に行ったら突然大雨降ってきてずぶぬれになった。朝はあんなに気持ちよく晴れてたのに。夜はしばらく放置していた小説を開いて読みかえしてちょっと書き進めた。

 

5.29金

何故か4時に目が覚めてしまい、もっかい寝ようと努めるも、6時にはいらいらして布団にいられへんようになって飛び出す。騒音迷惑かな~と思いつつも、7時から洗濯機を回し、8時から掃除機をかけ、8時半ぐらいには家事を一通り片づけおわる。やることが終わってしまい、ベランダの洗濯物の人工芝に寝転んでひなたぼっこしながらYoutube見てだらだら。お昼前にパソコンと本持って、いきつけのそれいゆへ。

f:id:warabisco:20200531164441j:plain

ナポリタンを食べて、お紅茶を飲みながら、パソコンを開き、昨日から再び書き始めた小説とにらめっこ。あまり進まず。方向性を考え直さないとあかんな~。うーむ。夕方、駅前のカルディに寄ろと思ったら、入場制限でめっちゃ待った。待ってまで入ったわりに、何も買わずに出た。八百屋さんでキャベツとりんごを買った。りんご、一個190円もした。高すぎ。でもりんごは仕事行く前に必ず一個食べるから必要。


5.30土

ゆっくり起きて、いい天気なのでシーツや枕カバーをひっぺがして洗濯して干した。今日は12時から仕事。日本橋の現場だけど、ずっと都営の方勤務で、某百貨店の方には行かなくて済み、こっちの方は信じられないぐらい暇で平和で、同じ時給なのが申し訳ないほど。基本、立ってるだけ。ただ、暇すぎて全然時間が経たない。みんなやさしくて、1時間半ごとに順番に小休憩がまわってきて、読書が捗る。上原善広さんの『断薬記』を読む。

わたしも今完全に薬漬け状態で、この状態いつまで続くん?とゆう疑問と不安は常々あって、読みながら断薬への興味関心がふつふつ湧いてきた。紹介している病院、わりと近所なので、行ってみようかな〜。21時までボケーっと働き、退勤。


5.31日

今日も12時から仕事。平和な方の現場でホッ。遅番で来る、H山さんとゆうおじさんが、たいへんおしゃべりがおもしろく、見た目もわたしの好きなロマンスグレーでマスクを外すと鼻ヒゲを生やしていてかっこいい。話を聞いていると、上野生まれ上野育ち上野在住の下町っ子でかなりの飲兵衛。毎日二日酔いで仕事にきてるっぽい。酒が抜けると寒気がしちゃうんだよ〜だから抜ける前に飲んじゃう、とのこと。綾瀬の飲み屋事情にも詳しく、かあちゃんやこたにの話で盛り上がった!そしてあり得ないことにH山さんは昔は酔っ払ってドライブするのが好きだったらしく、朝方明治通り逆走したりして、でも奇跡的に無事故無違反ゴールド免許らしい。色々おもしろすぎ。でも仲良くなっても今日でおしまい。ちょっと悲しい。仕事は楽チン中の楽チン。今までの勤労人生の中でダントツ楽チンな現場だった。でもこの現場とは今日でお別れ。ロッカーを片付け、制服を一式引き上げて帰った。